「福州園」in 那覇まちま~い 「若狭下町物語 波の上チャンプルータウン」(Part 4)

本シリーズ初めて訪れる方は、下記の過去ブログをチェックして読み進めて下さい~!

http://stepinokinawa.at.webry.info/201106/article_1.html (Part 1)

http://stepinokinawa.at.webry.info/201107/article_3.html (Part 2)

http://stepinokinawa.at.webry.info/201107/article_5.html (Part 3)

今日は「夏の景色」へと案内しましょう!

画像


こちらは福建省で有名な三山の内の一つ、「干山(ウザン)」。

名前の由来は「干越(ウエツ)」という民族がその昔中国の戦国時代にこの山に住み着いたと言われています。

それで「干山(ウザン)」という呼び名になったのですね。

このエリアで見られる花は「キョウチクトウ」と「ツワブキ」。

そして「久米村門」をくぐると・・・・

画像


こんなにも綺麗な床の装飾が~!

中国の庭園文化の一つで、秦の始皇帝の時代からこの様に床を装飾するという事があったようです。

床を小石や瓦、レンガなどで幾何学的な模様や動物の絵柄を描くのだそうです。

とっても細かい作業ですね~。見惚れました♪

画像


画像


門の入口の両側にあるのが、石鼓。

沖縄の家の門に乗っているシーサーと同じ魔除けになります。

門の入口、村の入口に置かれていて太鼓を叩く事によって魔を祓うと言われています。

「那覇まちま~い」ガイドを始める前に、福州園は何度か来園した事はありますが、
久米村門を潜った事はありませんでした。

潜るとこんな素晴らしい庭園文化が楽しめるなんて・・・素敵な空間です。

是非、足を踏み入れて下さい!

さて、明日は「秋の景色」への誘いです~♪

7月、8月の私の担当日は、7/2 & 17
8/2 & 25 です。

是非、一緒にまちま~いを楽しみましょう!

詳細は下記のHPをご参照ください。

http://naha-machima-i.com/wp/?p=1429 (那覇まちま~いHP)


"「福州園」in 那覇まちま~い 「若狭下町物語 波の上チャンプルータウン」(Part 4)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント