キラキラ!西桟橋@竹富 Shining on Water! West Pier@Taketomi

画像


本当に竹富島の海は、東西南北どこから眺めても綺麗です。

Really the water around Taketomi Island is so pure and beautiful no matter where on the island you are looking at it.

太陽の光が水面に反射してキラキラと輝いています。

The sunlights are brilliantly reflected on the surface.

画像


写真右下に、透き通って、黒いナマコが見えるのが分かりますか?

Can you recognize a black sea cucumber in this transparant water at the bottom right of the picture?

私達は、この桟橋の先端に座って太陽さんさんと受けながら、スーパーで買って来たランチを楽しみました。

We enjoyed our lunch which we bought from a supermarket, sitting in the sun on the edge of the pier.

他にもこちらで軽食をとりながら休憩を楽しんでいる方達がいらっしゃいました。

Some others enjoyed their rest having a light snack here.

画像


今は、美しい夕陽の見えるスポットとして、そして、漁の船着場として知られていますが、
この桟橋が建設した当時は、地元の方の多大な労力が払われたのでした。

Now this pier is well known for a beautiful sunset spot and a dock for fishing boats;
however, a huge amount of labor of the locals was contributed at the construction of this pier.

珊瑚の島ゆえに、復帰(1972年)までは、水田耕作のために船で西表島まで渡っていました。

Because Taketomi Islandl is a raised coral atoll, the islanders went across to Iriomote Island by the ship for rice cultivation until Okinawa's reversion to Japan in 1972.

その港として、西桟橋の建設が必要だったのです。ところが、行政の援助は極僅かなもので、その多くは、島人達の労力で完成できたものでした。

As the port for crossing to Iriomote, they needed a construction of the west pier. However, they received paltry official support. Most of construction was completed by the labor of the islanders.

今でも竹富島で語り継がれている偉人、竹盛佐賀翁(たけもりのさがおう)という方が、西桟橋建設の総監督としての奮闘が、島人達に大きな感動を与えたと言われています。

Still now, stories of a great figure on Taketomi Island, Takemorino Sagaou, have been passed on.
People say that his fight as a general superintendent for the construction of the west pier left a deep impression in the minds of the islanders.

画像


レンタルサイクルを駐輪させた場所にこんなに大きく古い木が立っていました。

We found this old, huge tree in the parking place for rental bicycles.

とても底知れない力強さを感じたのは、この先人達の、行政の援助に頼らずとも、自分達の力で目的を貫き通したたくましさ、強さを見つめていたせいでしょうか?

I felt an unfathomed power from this tree at the first sight. Is it because that the tree witnessed how strongly and heartily our forefathers here made their purpose through on their own without depending on much of offcial help?

画像


<沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド>

自己紹介:いつも私のブログをご覧になって下さり有難うございます。

通訳ガイド・翻訳・通訳関係の仕事に就いております。
趣味は、ジャザサイズ、映画鑑賞です。

かなり抵抗がありましたが、仕事のチャンスを得るという営業目的の為に思い切って資格も公開する事にしました。

・TOEFL587点取得(2002年2月)
・TOEIC970点取得(2007年3月)
・地域限定沖縄通訳案内士資格取得(2007年12月)
・国家試験通訳案内士資格取得(2008年1月)

・University of Maryland University College(基地内大学)
Bachelor of Arts in Communication Studies 
      コミュニケーション研究学士号取得(2005年8月)

お仕事依頼のご相談をされる方は、下記メールアドレス宛にお願い致します。

kt_sound@ybb.ne.jp (照屋 久美子)

これからもどんどん沖縄の魅力を皆様にお伝えします!
どうぞよろしくお願い致します!

<沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド>



Hello! I am Kumiko Teruya, an English-speaking tour guide in Okinawa.
I would like to welcome everybody with a heart of propriety.
I would love to see more foreign people become fans of Okinawa and Okinawan people through my guiding.
I have a lot of vitality and a good sense of humor. I am looking forward to serving you soon!

Contact me:

kt_sound@ybb.ne.jp (Kumiko Teruya)

* Local Licensed Guide for Okinawa (EN 00006)---December 2007
* Government Licensed English Tour Guide (EN 00035 – Okinawa ) ---January 2008
* TOEIC 970 --- March 2007
* TOEFL 587 --- February 2002



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ バッグ

    Excerpt: キラキラ!西桟橋@竹富 Shining on Water! West Pier@Taketomi 沖縄通訳ガイド:Step in Okinawa /ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-08 06:27
  • 日本最南端のお寺「喜宝院」Japan's southernmost temple "Kihouin"

    Excerpt: 随分長い間、中断していましたが、今春八重山旅行に行った日記の続きです。 Weblog: 沖縄通訳ガイド:Step in Okinawa racked: 2013-09-06 21:09