軽便鉄道跡と沿線の史跡めぐり

画像


わあ、大きな車輪ですね~!何の車輪だと思いますか?

Wow, what big whees these are! What do you think these are for?

画像


沖縄で1914年から1945年の戦前まで走っていた軽便鉄道の車輪です。

They are wheels of a train for Keibin railway, which ran from 1914 till the battle of Okinawa in 1945.

軽便鉄道の車輪が展示されているのは、ここ、宜野湾市立博物館だけなのです!

You can see the wheels of a train for Keibin railway only here, Ginowan City Museum!

那覇駅から与那原駅までの与那原線、那覇駅から嘉手納駅までの嘉手納線、那覇駅から糸満駅までの糸満線の3路線が運行していました。

The transportation services operated three lines: Yonabaru Line from Naha Station to Yonabaru Station, Kadena Line from Naha Station to Kadena Station, and Itoman Line from Naha Station to Itoman Station.

上の写真は、牧港~大謝名間を走る嘉手納行列車。今の県営大謝名団地付近です。

This picture shows a Keibin train running between Makiminato and Ojana. The area is around presently Ojana Prefectural Housing Complex.

画像


上の写真は、大山駅跡にて、草競馬に興じる米兵。(1945年撮影)

This picture was taken in 1945, showing U.S. soldiers enjoying local horse race at the remains of Oyama Station.

画像


この絵画が、皆さんをタイムスリップさせますよ。「大山ターブックワーの前を走る軽便鉄道の絵」です。

とても素敵で、郷愁の念を感じますね~!

This painting takes you back in time. It describes Keibin Railway running before rice paddies in Oyama. So nice and nostalgic!

これらの貴重な車輪や写真が展示される宜野湾市立博物館から出発した今月のフィールドツアーで、嘉手納線の軽便鉄道跡と沿線の史跡をめぐって参りました。

I took a field trip, departing from Ginowan City Museum, which exhibits the above precious wheels and photos, on Sunday to visit around remains of Kadena Line of Keibin railway and some of the historical sites along the way.

その中の数箇所を紹介させて頂きます。

Let me introduce some of the visiting places from the trip.

画像


さて、嘉手納駅跡地から出発しましょう!

Now let's start with Kadena Station Remains!

現在の嘉手納ロータリーの場所に、嘉手納駅があったのですね。

Kadena Station was located around at the present location of Kadena Rotary.

那覇駅から嘉手納駅までは、総延長約23.6kmで、軽便鉄道の3路線でも一番長い路線でした。

The total distance between Naha Station and Kadena Station is approximately 23.6km, the longest line of the three lines.


軽便鉄道は、多くの人々や、大量の砂糖きびも運搬して当時の沖縄の産業振興にも大きな役割をはたしました

Keibin railway not only carried many local people but also transported a large volume of sugarcane, playing a great role in developing industries in Okinawa in those days.

嘉手納線の開通も嘉手納にある県内最大の精糖工場への砂糖きびの輸送が目的の一つでした。

Kadena Line was also opened partly because of transportation of sugar cane to the prefecture largest sugar factory in Kadena.

画像


嘉手納駅停車中のキハ12と職員の写真です。

This picture shows a train called 'Kiha 12' and officials at Kadena Station.

そして、嘉手納駅近くの史跡と言えば、こちら・・・

Speaking of the nearby landmarks of Kadena Station, here it is.

画像


野國總管のお墓ですね。

This is the tombe of a historical figure called Noguni Sokan.

沖縄の人々が飢饉で苦しんでいた窮地を救った、沖縄の人達の「命の恩人」です。

He is a "life savor" for people of Okinawa because he got the famine-plagued loccals out of hole.

1605年に、中国から甘藷の苗を持ち帰り、沖縄じゅうに広まったのです。

In 1605, he brought the nursery plants of sweet potatoes from China, which triggered the spread of sweet potatoes throughout Okinawa.

甘藷は、暑さに強く、やせた土地でも水や肥料なしで生育することができる たくましい野菜だと知り、「台風で被害を受ける穀物とは違う農産物になる」と思った上での偉業だったのですね。

He learned sweet potato was a strong vegetable which was heat-tolerant and grew even in harsh soil condition without water or fertilizer. Then, he thought it would be a different agricultural products from other crops which were susceptible to typhoons and made history.

沖縄の人達にとっては、忘れてはならない人物です。

His is one of important persons for Okinawan people to remember.


さて、那覇駅に向って南へと走っていきます。

Now, we are going down to the south, toward Naha Station.

北谷駅跡に近づいてきましたよ~。

We are getting close to Chatan Station Remains.♪

画像


この景色に見覚えはありませんか?

Isn't this landscape familiar to you?

そう、安良波ビーチの前、ハンビータウンの辺りに北谷駅があったのです。

Yes! Chatan Station was located around San-A Hamby Town in front of Araha Beach.


画像


そして、安良波公園にあるのがこの記念碑・・・インディアンオーク号救助記念碑です。

And this monument stands in Araha Park....the monument to contribute to Chatan people for the rescue of the Indian Oak.

1840年に台風で安良波海岸に難破したインディアン・オーク号の乗組員達を46日間にわたって北谷の人々が手厚く保護したのです。

In 1840, a British ship, the Indian Oak crashed into the Araha shore due to the typhoon. Chatan People took all possible care of the crews of the Indian Oak for 46 days.

食料の提供、宿舎の建造、難破船からの荷物の運び出し、帰還のための船の建造など・・・その行為に感動した乗組員は、聖書の「善きサマリタン」だと英国紙に称えて、博愛精神を賞賛しました。

Providing food, building an accomodation, carrying out their belongings from the wrecked ship, building a new ship for their return to their home, all of the locals' conducts impressed the crews so that they praised the local people as "good Samaritans" as in the Bible on a British paper for admiring their humanity.

その事を、町の誇りとして後世に継承する為に建造された記念碑なのです。

For the pride of Chatan, this monument was built to pass this honor down the generations.

画像


皆さん、安良波海岸にゴツゴツした千枚岩をよく目にすると思います。

Everybody, you notice rough phyllite (metamorphic rock) along the Araha Seashore very often.

名護湾から慶良間諸島にかけて、この千枚岩を含む地質が続いているのです。

This phyllite topography stretches from Nago Bay to Kerama Islands.

インディアン・オーク号も、この千枚岩にぶつかって座礁した船の一隻ですね。

The Indian Oak is one of the grouunded ships which crashed on a phyllite.

さて、長くなってきたので、あと一箇所、ご案内しましょう!

Well, the content is getting long, so let me show you only one more place!

さて、北谷から浦添に向いまーす。

Next, we are heading to Urasoe from Chatan.

58号線沿いのピザハウス辺りで、左折して城間、屋富祖を通り抜け、パイプラインに入った所に、おや?

After left turn around "Pizza House" along Route 58, we are running through Gusukuma and Yafuso and entering the Pipe Line. Oh, what is that?

画像


大平養護学校前に線路が!

There is a rail in front of Ohira School for the Disabled!

画像


1991年、道路改修工事の際に出土したものです。枕木は復元されていますが、軽便鉄道のレールが屋外で見られる唯一の場所です!

The rail was excavated in 1991 during the restoration work on the road. The sleepers were reconstructed, but this is the only rail for Keibin railway you can see outside!

戦争で大破された中、僅かに残った戦前の沖縄の人達の大切な生活の記録の一部です。

Among almost all the rails that were destroyed during the battle of Okinawa, this very few remain still tells a part of record of the precious life of Okinawa people before the war.

後世に伝える為にも、大切に保存していきたいですね。

We would like to preserve it carefully to pass it down the generations.

さあ、如何でしたか?駆け足で周ってしまいましたが、一度、皆さんも軽便鉄道の沿線沿いを散策しながら、
昔の生活を感じてみませんか?

Well, how did you enjoy a short trip? It was kind of rush, though.

Everybody, why don't you go out for a stroll along the area where a Keibin train used to run to feel the old life?

<沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド>

自己紹介:いつも私のブログをご覧になって下さり有難うございます。

通訳ガイド・翻訳・通訳関係の仕事に就いております。
趣味は、ジャザサイズ、映画鑑賞です。

かなり抵抗がありましたが、仕事のチャンスを得るという営業目的の為に思い切って資格も公開する事にしました。

・TOEFL587点取得(2002年2月)
・TOEIC970点取得(2007年3月)
・地域限定沖縄通訳案内士資格取得(2007年12月)
・国家試験通訳案内士資格取得(2008年1月)

・University of Maryland University College(基地内大学)
Bachelor of Arts in Communication Studies 
      コミュニケーション研究学士号取得(2005年8月)

お仕事依頼のご相談をされる方は、下記メールアドレス宛にお願い致します。

kt_sound@ybb.ne.jp (照屋 久美子)

これからもどんどん沖縄の魅力を皆様にお伝えします!
どうぞよろしくお願い致します!

<沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド><沖縄通訳ガイド>



Hello! I am Kumiko Teruya, an English-speaking tour guide in Okinawa.
I would like to welcome everybody with a heart of propriety.
I would love to see more foreign people become fans of Okinawa and Okinawan people through my guiding.
I have a lot of vitality and a good sense of humor. I am looking forward to serving you soon!

Contact me:

kt_sound@ybb.ne.jp (Kumiko Teruya)

* Local Licensed Guide for Okinawa (EN 00006)---December 2007
* Government Licensed English Tour Guide (EN 00035 – Okinawa ) ---January 2008
* TOEIC 970 --- March 2007
* TOEFL 587 --- February 2002



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おかやん
2012年11月08日 07:37
軽便鉄道ですかぁ・・・三路線も有ったとは驚きました。 滋賀湖西側高島周辺にも、昔の軽便鉄道の隋道跡が有るようですが、時代の波に押されて消えていった路線なんでしょうね。 廃線になると一挙に荒廃しますね、在広中に三段峡近くを観光で通過したら、(JR)線路跡もスッカリ荒れ果てていました。  
2012年11月09日 07:14
そうなのです。軽便鉄道以外に、ちんちん電車も那覇港から首里まで走っていた時代もあったのです!滋賀湖西側でも走っていたのですね。なんだか素敵な風景が想像できますね♪三段峡、懐かしい!遠足で行きました♪
東海のどら猫
2018年06月30日 23:21
後は、南大東島のさとうきび列車と那覇与儀公園の蒸気機関車ですか。那覇与儀公園の蒸気機関車の話は心を打ちましたね。

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: 軽便鉄道跡と沿線の史跡めぐり 沖縄通訳ガイド:Step in Okinawa /ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-07 00:39